あこがれの美容業界で働くための近道!東京都内の人気美容専門学校をチェック!

東京の美容専門学校の校則は厳しい?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/07/30

東京には数多くの美容専門学校が存在していますので、どの学校を選べばいいのか迷ってしまうことも多いはずです。

カリキュラムや取得することが出来る資格、就職率など気になることは多いものですが、どのような校則があるのか気になるという人も多いのではないでしょうか。

東京の美容専門学校の多くが服装は自由

美容専門学校はその名の通り、美容全般について学ぶことが出来る学校です。美容師資格をはじめ、エステティシャンやネイリストなど、数多くの美容関連の資格を取得することが出来ます。

東京の美容専門学校の多くの校則は、厳しいものではありません。服装は自由というところが多く、中学校や高校時代のように決められた制服があるところは非常に数が少ないと言えます。ただし美容を学ぶ学生らしく、ファッションにも気を配って欲しいとしている美容専門学校が大多数です。そしていくら服装が自由だと言っても、他人に不快感を与えるようなものは禁止している学校も多いので、学生らしいファッションを心掛けるようにしましょう。

服装に関しては自由な美容専門学校が多い中で、スーツでの登校を義務付けている学校もあります。毎日着ていくものを考えていかなくて済むため楽だと感じる人はいいでしょうが、自由におしゃれを楽しみたいと言う人は、服装の規定は必ず調べておきましょう。

メイクやヘアスタイルも自由の美容専門学校が多くなっている

高校卒業後は、メイクやヘアスタイルも自由に楽しみたいという人が多いのではないでしょうか。美容専門学校への進学を希望している生徒ならば、人一倍そのような思いは強いと言えます。

東京の美容専門学校の多くは、メイクやヘアスタイルに指定はありません。将来美容の世界に進むことを希望している学生達には、自由にメイクやヘアスタイルの変化を楽しんでほしいと考える学校が大多数です。ただし、人からどう見えるスタイルであるかを意識することを重要視して欲しいと考えている学校が多くなっています。

美容業界へ就職するということは、接客業に就くということでもあります。そこでお客を始めとする他者に不快感を抱かせない身だしなみを整えることは必須になりますので、いくら自分が好きだからと言って他者が驚くようなメイクやヘアスタイルは厳禁です。校則に規定が無いからと言って、どんなメイクやヘアスタイルでも良いという訳ではないことだけは肝に銘じておく必要があります。

校則が厳しい美容専門学校もある

東京の美容専門学校の多くが、服装やメイク、ヘアスタイルに厳しい校則を設けている訳ではありません。ですが中には、礼儀やマナーなどに厳しい学校も存在していることも事実です。卒業後はすぐに美容業界の現場で働くことになりますので、接客を行う上で最低限の礼儀やマナーを身に付けておかなくてはいけません。

日常生活の中でそれらが身に付いていない場合は、厳しいと感じるかもしれませんが、就職後はきっと役に立つでしょう。東京の各美容専門学校はオープンキャンパスを実施していますし、資料請求を行うことも出来ます。どのような校則があるのかも調べることが出来ますし、オープンキャンパスに参加して在学生の雰囲気を確かめることも重要です。

厳しい校則が苦手だという場合もあれば、厳しい学校で指導して貰いたいと望む場合もあります。社会人として必要な礼儀やマナーに自信が無いという場合は、それらの指導を熱心に行っている学校を選ぶと良いでしょう。

 

東京にある各美容専門学校は、それぞれ異なる校則を持っています。服装やメイクなどが自由のところもあれば、服装をしているところもあります。指導が厳しい学校もありますので、オープンキャンパスなどに参加して自分に一番合う学校を選ぶことが重要です。

サイト内検索
記事一覧