あこがれの美容業界で働くための近道!東京都内の人気美容専門学校をチェック!

大学から美容専門に進路変更できる!メリット・デメリットを紹介します

公開日:2024/04/03  

美容専門学校 東京 進路変更 メリット デメリット

大学へ入学したあとに、美容業界へ興味が出てきた学生もいるでしょう。その場合、美容専門学校への進路変更は可能なのでしょうか。

また、美容専門学校へ進路変更をするメリットやデメリットも気になりますよね。美容業界へ就職をするためには、専門的な知識や技術が必要です。

大学へ入学したあとに、美容専門学校への進路変更について、詳しく解説します。美容専門学校の選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

大学から美容専門学校へ進路変更は可能?

大学へ入学したあと、美容専門学校への進路変更は可能です。美容だけではなく、ほかの専門学校への進路変更も可能な場合が多いです。

大学へ入学したものの、美容関係の仕事に興味が出ることもあるでしょう。そこで、美容関係の勉強ができない学校へ在籍していても、後悔してしまいます。

大学から美容専門学校へ進路変更する方法は、いくつかあります。就職の時期にも影響するため、進路変更のタイミングは慎重に決めることが大切です。

美容業界へ就職したいという夢ができたのであれば、迷わず進路変更をするのがおすすめです。夢を叶えるために授業が受けられるため、モチベーションも上がるでしょう。

美容専門学校へ進路変更をする際は、手順などについて、しっかり調べておく必要があります。

美容専門学校へ進路変更するメリット・デメリット

美容学校へ進路変更をするには、メリットだけではなく、デメリットもあります。美容専門学校へ進路変更したあとに、後悔しないよう事前に確認しておきましょう。

メリット

美容専門学校へ進路変更するメリットは、就職後に活かせる知識や技術が身につく点です。また、専門学校は大学に比べて、早く卒業できます。

美容業界で働くための知識や技術が身につき、早く就職できる点は、メリットになるでしょう。また、専門学校は、美容業界を目指す学生が多いです。

意識の高い仲間と出会えて、切磋琢磨しながら学べます。美容専門学校には、美容業界の求人が多く寄せられます。

もちろん専門学校によって寄せられる求人の数は異なりますが、大学に比べると就職に有利です。大学では、美容業界の求人を自分で探さなければなりません。

美容専門学校であれば、講師のサポートを受けながら就職活動ができます。初めての就職活動で講師のサポートが受けられるのは、大きな支えになるでしょう。

デメリット

美容専門学校へ進路変更をするデメリットは、美容以外の内容を学べない点です。美容に関する知識や技術は得られます。

しかし、美容以外の内容は学べません。美容業界へ就職するのであれば、美容専門学校が近道になります。

美容専門学校へ入学したあと、美容業界以外の就職先を探すのは困難になるでしょう。また、専門学校卒業では、エントリーできない求人も存在します。

美容業界以外の大手企業へ入社したい場合、大学を卒業した方が有利になります。美容業界へ就職したい気持ちが強いのであれば、美容専門学校はおすすめです。

しかし、美容業界があくまで候補の1つにすぎないのであれば、大学の方がよい場合があります。

美容専門学校の学校課程

美容専門学校の学校課程には、主に3つあります。美容業界を目指す人が、それぞれのライフスタイルに合わせて通えるよう、コースが用意されています。

美容専門学校には昼間課程・夜間課程・通信課程があり、通いやすいコースを選ぶことが重要です。それぞれの課程について、詳しく解説します。

昼間課程

昼間課程は、多くの人がイメージする学校課程です。週5日、午前から午後にかけて授業をおこないます。

昼間課程の専門学校は、2年制の学校が多いです。通う期間が短く、覚えることも多いため、大変だと感じるかもしれません。

しかし、国家試験の対策に力を入れていたり、講師によって専門的な知識や技術が学べたりします。美容に関することであれば、さまざまな内容が学べます。

たとえば、ネイルやエステティックなどです。

夜間課程

夜間課程は、夕方〜21時ごろまで授業をおこないます。夜間課程は、日中仕事や学校へ通っている人が通いやすいです。

授業時間は昼間課程と同じで、必須科目を1,400時間、選択必須科目を600時間です。1日の授業時間が短いため、2年半ほど通う必要があります。

夜間課程を取り入れている専門学校は少ないため、事前に確認が必要です。

通信課程

通信課程は、すでに美容院で働いている人が多く通っています。通う期間は3年で、レポート提出が必須です。

また、通信と呼ばれていますが、対面形式の授業へ参加する必要があります。レポートの提出頻度は月1回、対面形式の授業は300時間以上です。

レポートは期日内に提出しないと、単位がもらえません。そのため、自分でスケジュールを組んで、計画をしながら進めることが大切です。

美容院に勤めていない人でも通えますが、授業時間が短いため、自分でも勉強をする必要があります。

美容専門学校の選び方

美容専門学校は、数えきれないほどあります。学費を払って通うので、自分に合った学校を選びたいです。

ここでは、数ある美容専門学校の中から、自分に合った学校を選ぶポイントを解説します。美容専門学校を探している方は、ぜひ参考にしてください。

学べる内容と取得可能な資格

同じ美容専門学校でも、学べる内容と取得を目指せる資格は異なります。そのため、美容専門学校を選ぶときは、授業内容と取得可能な資格を確認しておきましょう。

卒業後の就職先が定まっていない場合は、学べる範囲が広い専門学校がおすすめです。反対に、目指したい仕事が決まっているのであれば、必要な資格が取得できる学校がよいでしょう。

専門学校によっては、公式ホームページで取得された資格を公開しています。合格率の高さも掲載されているため、事前に確認しておくことが大切です。

学費

必要な学費も、専門学校によって異なります。美容専門学校の学費は、2年間で200〜300万円が相場です。

大学に比べると安く感じるかもしれませんが、大きな金額です。入学後に後悔しないよう、パンフレットや公式ホームページなどで確認が必要です。

授業料以外にも、教材費や実習費も発生します。これらは、学費として掲載されていないことがあります。

そのため、掲載されている学費のほかに、必要な費用を確認しておきましょう。また、奨学金や教育ローンを使用したい方は、利用可否についても確認が必要です。

就職率

美容専門学校に寄せられる就職先や、就職率も重要です。就職率が高い専門学校であれば、就職活動で苦労する可能性が低いです。

目指している就職先があるのであれば、学校へ求人が来るのかが重要なポイントです。入学したはいいものの、目指している就職先の求人がなければ意味がありません。

就職したい企業が決まっている場合は、そこへの入社実績があるかも確認しておきましょう。また、専門学校によって、就職に強い分野が異なります。

就職実績や就職率を確認しておくと、自分に合った美容専門学校が選びやすいです。

立地

美容専門学校を選ぶ際、通いやすさも重視するとよいでしょう。美容専門学生は、実習で使う教材など、荷物が多いです。

そのため、自宅から遠い専門学校を選ぶと、通うのが大変だと感じるかもしれません。通学での負担を考慮して、学校を選ぶのもひとつの手です。

通学にかかる時間が短縮されれば、勉強する時間も確保しやすくなります。

雰囲気

美容専門学校の雰囲気は、通い続ける上で重要なポイントです。学校の雰囲気が自分に合わないと、通うのが苦痛になってしまいます。

雰囲気の感じ方は人それぞれなので、実際に見学して確認するとよいでしょう。多くの専門学校では、オープンキャンパスを開催しています。

入学を決める前に、オープンキャンパスへ参加することをおすすめします。

まとめ

大学へ入学後、美容専門学校へ進路変更するメリットやデメリットについて解説しました。大学へ入学したものの、美容業界へ憧れる学生もいるでしょう。

その場合は、美容専門学校へ進路変更するのがおすすめです。美容専門学校では、美容業界へ就職する際、有利になる知識や技術が身につきます。

一方で、美容関係以外の授業は受けられません。そのため、美容業界ではない企業へ就職するのが難しい点はデメリットになります。

美容専門学校を選ぶときは、自分に合っているか確認が必要です。授業内容や学費、立地などから通いやすい学校を選びましょう。

【東京】おすすめの美容専門学校情報一覧

イメージ1
2
3
4
5
学校名マリールイズ美容専門学校国際文化理容美容専門学校山野美容専門学校日本美容専門学校東京ウェディング&ブライダル専門学校
取得可能な資格美容師国家資格、メイクアップ技能検定など美容師国家資格、理容師国家資格など美容師国家資格、各種アイデザイナー技能検定など美容師国家資格、日本エステティック協会認定資格など美容師国家資格、ブライダルプランナー検定など
学費専門課程:217万8,000円(税込)(2年)※教材費込み未公表(資料請求が必要)専門課程:約286万円~298万円(2年)※教材費込み専門課程:約247万円~267万円(2年)※教材費込みウェディングプランナー科:約260万円~290万円(2年)※教材費込み
支援制度奨学金制度※延納も可 など奨学金制度、特待生制度、兄弟・姉妹支援制度 など奨学金制度、学費支援制度 など奨学金制度、カウンセリングルーム など奨学金制度、特待生制度 など
詳細リンク
サイト内検索
記事一覧