あこがれの美容業界で働くための近道!東京都内の人気美容専門学校をチェック!

美容専門学校に行ったら就職先は美容関連の職種に絞られる?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/03

美容専門学校が東京にはありますが、就職活動では生徒の大半が美容関連の職種を選んでいるといいます。専門で学ぶから、そうした教育機関に行くのならば、その道に絞り込みが必要なのでしょうか。どんな職種があるのかを調べてみましょう。

もちろん美容関連の就職先もある

美容業界で働きたい生徒は多いでしょうし、美容専門学校によっては就職率ほぼ100%と謳うところもあるようです。基礎から勉強ができるため、夢物語ではなく現実にできるのもウリです。比較的、美容師を目指す生徒数が多いものの、ネイリストやエステティシャンなどの美容業界に進める資格取得を目指す生徒も少なくありません。

また、国家資格を取得しておくとなにかと有利である声も耳にしますし、技能検定試験などに合格すれば、卒業後の進路に不安も少なくなるようです。ちなみに、美容専門学校での学びにおいて就職先は美容関連の職種に限定されているわけではありません。

指導にあたる教員には、飲食店店長の経験であったり、IT企業の海外勤務の経験者という異業種から教員を選んでいる者もいます。教育機関においても職務履歴に関して美容関連に絞って採用してはいないようです。

酸いも甘いも知り、就活の難しさを知る者からのアドバイスが生徒の心にも響くのかもしれません。美容関連の職種に絞られるイメージが根付いているのは、卒業した学歴が履歴書に記載できるからですし、提携先も美容関連の職種が多いからです。

そもそも、専修学校でもあり、美容と名のつく高度な専門知識や技術を学ぶ目的で行くのでしょうから、必然的に絞り込まれるのはいたしかたないでしょう。アカデミーなどの名称の専門学校に行くのなら、別の道を目指すのもありでしょう。

個性派を育てる教育機関でもある

就職先を美容関連の職種に絞ることをあえてしない、そうした美容専門学校は少ないものの、ないとは断言できません。とある美容専門学校では、さまざまな「芸術」を通して感性を磨くことができたり、職種問わず必要性があるコミュニケーション力を向上させるカリキュラムを組み込んでいるといいます。

気持ちが変わり、やっぱり美容関連に進みたいときのための土台づくりを担ってくれているようです。今や、グローバルな場で活躍できる人材育成があらゆる企業で採用されています。その中には、英会話でのコミュニケーション力などもあり、英会話レッスン(海外への語学留学)に参加ができるケースもあるようです。世界を舞台に活躍できる、最近では職種問わない個性派を育てる美容専門学校も増えているといいます。

自由で明るい校風、生徒のクリエイティビティを大切にした環境を整えてくれているそうです。ですから、美しい言葉づかいを学ぶことによって日本語を指導する職種(サービス業)に就くことができるかもしれません。サロンのオーナーやトップクリエーターなど、幅広く活躍できる、そうした飛躍が期待できる可能性は大いにありそうです。

ブライダル関連にも進めることがある

美容専門学校に行ったら、卒業と同時に就職を考え、絞り込むことも必要にはなるでしょう。美容関連に絞り込まずに、中にはブライダル関係の仕事を目指すことも可能だといいます。ウェディングとブライダルの知識と技術を磨くにもおすすめです。将来進める分野をより広く見据えることができます。

例えば、ウェディングアドバイザーの職種は、結婚式を挙げたいカップルに適した式場を紹介することになります。そこでは美容師資格は不要です。もちろん、美容専門学校でもブライダル科があり、ブライダルエステやネイルなどを学ぶことになります。

しかし、服飾関連の職種ならばウェディングドレスなどの衣装に携わることになるかもしれません。トータルプロデュース力を身につけることで、結婚相談所などで婚活アドバイザーとなることもできます。他にも、ネイリストなどは美術関連の職種に転職ができ、アート、絵画、イラストレーターなどを目指すことも可能でしょう。

 

東京には数多くの美容専門学校が開校されていて、そこに行ったら就職先も美容関連の職種を選ぶことになります。ただし、東京にはさまざまな職種があり、決して職種を限定したり、絞り込みをかけることはせずに、まずは知識や技術をしっかり身につけることを意識すべき意見も耳にします。指導する者も、全員が美容関連の職種ばかりで仕事をしてきた者ばかりではありませんから、視野を広くして学ぶことを優先させるのがおすすめです。

サイト内検索
記事一覧