あこがれの美容業界で働くための近道!東京都内の人気美容専門学校をチェック!

美容専門学校に受かるためのコツ

東京をはじめとして全国に多数ある美容専門学校の入学試験のタイプには、大まかに分けて3パターンがあります。

具体的には、AO入試、さらに推薦入試や一般入試になります。

それぞれの特徴を理解して入試に挑む必要があります。

 

AO入試で早い段階で入試を突破する方法

AO入試については、学力試験のレベルで入学適正か不適正かを問うというのではなく、対象者のパーソナリティーや業界で専門家として力を発揮したいという意識などを判断する入試システムです。 対象の専門学校が求めている学生像にふさわしいかどうかというような人物にプライオリティを置いた決定方法です。

美容師はスキルにとどまらず、コミュニケーションが極めて大切な仕事です。なので意欲がある人や美容に関して意気ごみを見極めてほしい人にはふさわしい入試手段と言えます。

自分自身をどうプレゼンテーションできるかが合格するためのコツになります。ですから、美容に関しての考えを意識的に強く主張しましょう。

AO入試に関しては、高校卒業見込あるいは、高校卒業以上の人が受けられます。AO入試については定員枠が確定されています。ですので、AO入試で失敗しても一般入試で再受験はできます。

 

学校の推薦が必要になる推薦入試による方法

推薦入試については、3月に卒業見込で、高校の推薦を受けることができる人が利用することができる入試形式です。推薦の場合、高校の時の評定並びに欠席日数などが重視されるポイントですが、推薦書を確保できるかどうかについては、入試を受けることになる前に高校の先生が決めることになります。ですから、学校のレベルで所定の成績を満たせないと受けられません。

自己推薦枠が準備されている美容専門学校に関しては、AO入試と同じ要領で、面接テストによってアピールし、対象の美容専門学校にふさわしいと判断されれば入学を受け入れられます。面接のみならず、書類審査並びに作文試験が実施される学校も少なくありません。

 

筆記試験も課される一般入試の特徴

一般入試については、小論文あるいは作文と、常識を問う筆記試験及び面接によって実施されます。一般常識に関しては、国語や算数英語などから出され、基礎的な教養を問いかけるものになります。市販されている問題集などを参照してみることをおすすめします。

専門学校は、理美容師やヘアメイクなど美容の業界で役割を果たしていく人材を育て上げる学校のために、学力と比べて人物像並びにコミュニケーション能力といった部分が大事なポイントです。筆記試験よりも、将来業界で存在感を発揮していく人材になる可能性があるかという人物像が重んじられます。

 

個々に入学方法などが違って来るケースがありますが、多くの場合、一般入学、推薦入学、AO入学が実施されています。

自分がどのタイプの入試を受験するのか決め、それぞれの入試の受かるコツと特徴を知っておきましょう。

どちらにしても、しっかりとした目的意識をもって業界で活躍するという気持ちをアピールすることが重要になります。

サイト内検索
記事一覧