あこがれの美容業界で働くための近道!東京都内の人気美容専門学校をチェック!

美容専門学校はおしゃれじゃなきゃ入れない?服装やメイクの注意点

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/12/03

東京の美容専門学校と聞くと、おしゃれでハイセンスな人たちの集まりというイメージがあります。確かに美容の世界は美しさを追求し、実現することが使命です。ですからファッションの最先端を行っている人達の集団に入るには、気後れすると感じる人もいるかもしれません。おしゃれに自信がない場合はとくに心配になります。

東京の美容専門学校の様子はどんな感じか

東京には美容専門学校がいくつもあります。それぞれに個性がありますが、実際に通っている人たちはどんな感じのファッションでしょうか。それは実にさまざまで、多様性に富んでおり個性が豊かです。ファッションデザイナーかと見間違えるほど、気合が入った人もいます。最新のストリート系ファッションに身を包んだ人も見かけます。

とはいえそういう人たちばかりではありません。ナチュラルで近づきやすいコーディネイトの人もたくさんいます。そしてもちろん、おしゃれにまったく関心がないと見える様子の人もいます。そういう人たちは、ごく普通の普段着です。おしゃれに詳しくない人もたくさん美容専門学校にいることは、少し観察しただけでわかります。

美容専門学校はネイルやヘアスタイル、エステなどの技術面を学ぶことが目的で、基本の技術を身につけることが優先順位の上位といえます。また、美容学校には日本各地から生徒たちが集まっているため、ファッションについての認識が異なっていて当然でしょう。

美容専門学校での服装やメイクについて注意点

東京の美容専門学校に入ることが決まったなら、どんな服装やメイクがよいでしょうか。ほとんどの学校では、服装やメイクに決まりがありません。学校によっては制服がある場合もあります。もちろん授業の妨げになるような服装は避けた方が賢明です。実習がある日に、ボリュームたっぷりの重ね着に帽子をかぶっているといった極端なスタイルは適切ではありません。

また、アクセサリーにも注意が必要です。美容専門学校ではお客様への施術を学びますから、大きな指輪をいくつもつけていると実習の邪魔になります。これはイヤリングやネックレスも同様です。メイクに関してもほとんどの場合規定がありません。高校や中学校で規則に縛られていたことを考えると、戸惑う人もいます。

自由を楽しみながら美容専門学校に通うのは楽しいはずです。結局実習の妨げにならない服装やメイクをすることが必須です。生徒同士でメイクをする日には、ナチュラルメイクの方が便利です。

美容専門学校でおしゃれじゃないといけないか

東京の美容専門学校に入るには、必ずしもおしゃれである必要はありません。なぜなら、おしゃれであることが学校に入るための条件として要求されているわけではないからです。美容専門学校では美容に関する技術や知識を学ぶところです。もちろん実際現場で営業を行うようになると、おしゃれであることが求められるかもしれません。センスのよい人に施術してほしいというお客さんも多いからです。

しかし、そうしたセンスは卒業してからでも身につけることができます。入学してからも、周囲から刺激を受けることもあるでしょう。実際美容専門学校に通っている学生たちが、すべてパーフェクトに計算されたファッションに身を包んでいるわけではありません。そういうタイプは張り切りすぎという印象を与えることもあります。

結局のところファッションの根底にあるのは、人からどう見られるかという本能のあらわれです。自分らしく、自分が素敵だと思うアイテムを、自信を持って着こなすことが大事です。

 

東京の美容専門学校では、さまざまな学生たちが学んでいます。出身地も背景もおしゃれに対する意気込みもバリエーションに富んでいます。そのため、必ずしも皆がおしゃれだということはありません。実習に妨げにならない自分の好きなスタイルであれば充分です。

サイト内検索
記事一覧