あこがれの美容業界で働くための近道!東京都内の人気美容専門学校をチェック!

自宅でサロンを開業するには?開業の流れと注意点を解説!

公開日:2022/10/01  最終更新日:2022/09/02


自宅でサロンを開業すれば、ライフスタイルに合わせた働き方がしやすくなります。自宅サロンを開業したい場合、どのような流れで準備していくと良いのでしょうか。この記事では、自宅サロン開業の手順と、自宅サロン開業に向いているジャンルや開業の注意点などを詳しくお伝えします。

自宅サロンに向いているジャンル

自宅サロンを開業するにあたり、どのようなジャンルであれば開業しやすいのかという点は気になるところでしょう。自宅サロンに向いているジャンルは、リラクゼーション系、美容系、心理系などがあげられます。リラクゼーション系は、整体サロンや小顔サロン、ヘッドスパサロン、アロマテラピーなどです。

美容系やエステ、ネイル、脱毛、まつ毛エクステ、ダイエット、パーソナルトレーニングなどがあるでしょう。心理系は、カウンセラーや占い、コーチング、メンタルケアなどがあげられます。整体や美容系の場合、複数の内容をメニューとして取り入れているサロンも多いです。

自宅サロン開業の流れ

自宅サロンを開業する場合、どのような流れで開業すれば良いのでしょうか。流れについてみておきましょう。

開業の計画を立てる

まずは、どのようなジャンルで開業したいのか決めて、それに関しての知識や技術を身につけなければいけません。資格が必要ではないものでも、資格を持っていたほうがお客さんに安心して利用してもらうことができます。関連資格を調べて取得しましょう。

資格を取得した後は、開業に向けて事業計画書を作ります。事業計画では、サロンのコンセプト、ターゲットといったものを設定し、メニューや価格を決めます。どのようなメニューがどれくらいの価格で提供されているのか、どういったものの需要が高いのかという点はしっかり調査する必要があるでしょう。同じ業種の調査をするとともに、自分のサロンだけにしかない強みや独自性も作っておかなければいけません。

集客方法も考えましょう。そして資金計画を立てます。収支がどれくらいになるか見通しをたてて、開業資金を準備します。

自宅サロンを準備していく

自宅サロンを準備する際は、コンセプトに合うような雰囲気に仕上げていきます。お客様が足を運びやすく、心地良く過ごせる雰囲気作りが大切です。

集客

お客さんに自宅サロンを知ってもらう、繰り返し利用してもらうための集客方法を考えましょう。特にSNSを使っての集客方法が注目されています。お店のホームページも作成しておくと良いでしょう。

自宅でサロンを開業するときの注意点

サロンを開業する際は、必ず行わなければならないことがあります。それが、開業1ヶ月以内に税務署に開業届を出すということです。忘れてしまってはいけないので、早めに開業届を出しておきましょう。

マンションやアパート、集合住宅での開業は注意

マンションやアパート、集合住宅にお住いの場合、開業することができない場合があります。特に賃貸の場合は契約違反となる可能性があり難しいです。分譲の場合は、管理規約を確認しましょう。事前に確認し、開業することが可能な契約内容となっていれば問題ありません。

家族の理解がなければできない

自宅サロンは、自宅に様々な人が出入りすることになるので、家族の理解も必要です。家族の協力を得ることができない場合は、自宅サロンを続けていくことは難しいでしょう。ルールを決めて、家族の生活に負担がかからない自宅サロン経営を心掛けてください。

まとめ

自宅でサロンを開業したい場合、どのようなジャンルが良いのか、そしてどのような流れで開業を進めるのか、開業にあたる注意点もお伝えしました。自宅サロンを検討されている方は、参考にして開業準備を進めてみてください。資格取得後に開業を支援してくれるスクールもあります。そういったスクールを選んで資格を取得すると開業もスムーズに行うことができるでしょう。

【東京】おすすめの美容専門学校情報一覧

イメージ1
2
3
4
5
学校名マリールイズ美容専門学校国際文化理容美容専門学校山野美容専門学校日本美容専門学校東京ウェディング&ブライダル専門学校
取得可能な資格美容師国家資格、メイクアップ技能検定など美容師国家資格、理容師国家資格など美容師国家資格、各種アイデザイナー技能検定など美容師国家資格、日本エステティック協会認定資格など美容師国家資格、ブライダルプランナー検定など
学費専門課程:217万8,000円(税込)(2年)※教材費込み未公表(資料請求が必要)専門課程:約286万円~298万円(2年)※教材費込み専門課程:約247万円~267万円(2年)※教材費込みウェディングプランナー科:約260万円~290万円(2年)※教材費込み
支援制度奨学金制度※延納も可 など奨学金制度、特待生制度、兄弟・姉妹支援制度 など奨学金制度、学費支援制度 など奨学金制度、カウンセリングルーム など奨学金制度、特待生制度 など
詳細リンク
サイト内検索
記事一覧