あこがれの美容業界で働くための近道!東京都内の人気美容専門学校をチェック!

美容専門学校はエステティシャンへの転職にも役立つ

公開日:2021/02/01  最終更新日:2020/12/17


美容専門学校といえば、定められたカリキュラムを学び卒業して美容師の国家試験を受験して資格を取得するのが目的と思いがちです。確かにそれを目指して入学する人もありますが、それ以外の美に関するすべての科目を学習し、美容師以外で活躍している人も多くいます。中にはエステティシャン道に進む方も少なくありません。

美容専門学校とは?学習の仕方や学ぶ項目

最近の美容専門学校は美容師の資格を得るだけでなく、美に関するすべての分野を学習します。髪の毛を切って華麗に整える美容師以外に、メイクや着物の着付け、手先を綺麗に見せるネイル、体を内面かを活性化させて健康で綺麗な体を作るエステなどを学びます。

東京にある専門学校ではこれをトータル美容といって、多くの学校がこの学習の仕方を取り入れていています。なぜこのような総合的な学習をするかというと、実際に業務する現場では、髪の毛をカットする以外にそれに付随する美のサービスを提供しているからです。

いくら髪の毛を綺麗にしてもそれに合うメイクや服装、体型がなければ意味がなく、訪れるお客さんもそれを望んでいます。すべての美の部門で学び、働く現場でオールマイティに動ける人材を育成する目的で、トータル美容は定番になってきています。この分野はこれからもより広がるため、これ以外の項目も学習している施設もあり、分野の幅が広く専門性の高いものになっています。

自分の理想の姿を目指して努力する

専門学校では入学してすぐは講義を受講して美の基礎を学びます。しかしこの期間は短く、すぐに実際の働く現場での実習が始まります。実習に多くの時間を割いているのが専門学校の特色で、東京にある専門学校でもサロンやエステサロン、またはこれらのサービスをトータルで実施している施設などで実習をします。

座学では基礎的な知識を得ることができますが、就職して働く現場での対応や経験を学ぶことが難しいです。そのため、卒業後にすぐ即戦力として働けるようにするが実習の目的で、それ以外にも自分がこの分野に特化したジャンルを学びたいという、卒業後の進路を見つける体験ができます。

美容専門学校は美容師やメイクアーティスト、ネイルアーティストやエステティシャンなどの知識をトータルに学んで活躍している人もいますが、その中の一つに絞って深く専門的に学ぶことができるので、自由で本人の希望に合った学び方ができるのも特徴です。

エステの道を目指し転職するケース

美容専門学校で極めたい分野にメイクがあります。メイクは学校で習う以外に美の感性を養うことで個性を出すことができる分野で、東京などの美の感性を刺激する環境などで養うことができます。通常のメイクから映画などで見かける特殊メイクなど、その範囲は広く自分の個性で海外などでも勝負ができるものです。

他にもエステティシャンも深く学ぶことも可能で、施術を施して身体を流れている血液やリンパの流れをよくします。肌のツヤやしわ、たるみやほうれい線などの老化を改善することが目的です。

美容専門学校で基礎を学び民間の資格であるエステティシャンの資格を得ることができますがことができますが、施術を身につけるには実際に働いて技術を取得することが必要で、東京にも多くのサロンがあり、その中から自分が学びたい施設を見つけて学びます。施術以外にも機器を使った脱毛やレーザー装置でのシミの除去など付随するさまざまな美に関する業務のある分野です。

 

このように美容専門学校は生徒の希望通りの学習ができることができるのと、多くの時間を割いている実習により卒業後に即戦力として働けるようになります。日本だけでなく海外でも活躍でき、自分の持っている美の感性で勝負ができる業界です。

サイト内検索
記事一覧