あこがれの美容業界で働くための近道!東京都内の人気美容専門学校をチェック!

美容師専門学校の合格率はどのくらい?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2023/11/14

美容師になるために美容専門学校や美容師専門学校に通うことを考えている場合、やはり気になるのは合格率でしょう。それによっておこなわなければいけない対策が異なってくるので、将来を考えるのなら知っておきたいと考えて当然です。こちらでは美容師になるための専門学校の合格率と、その調べ方の説明をします。

どこでもよいなら合格率はほぼ100パーセント

美容師になれる専門学校の合格率はほぼ100パーセントだと考えるのがよいでしょう。100パーセントならば誰でも入学できるので、おかしな話だと感じる方もいるはずです。それはおかしな話ではなく、実際に入学を望めば誰でも入れるのが美容師になれる専門学校です。

看護師や理学療法士になるための専門学校は、それなりに受験の難易度は高いので100パーセントというわけにはいきません。しかし、美容師になるための専門学校は受験の難易度が低いので、誰でも入れる状態にあるのです。高卒などの受験条件をクリアしている方が出願をして、面接を受ければ、それだけで全員が入れるような専門学校がたくさんあります。

定員割れを起こしているところも多いため、よほどの問題人物でなければ入学が可能だと考えても大丈夫です。ただし、人気のカリキュラムや講師がいる専門学校に通いたいと考えたのなら100パーセント入れるとは限りません。人気のところは人が多く集まるので、それなりに合格率が下がってしまうと考えたほうがよいでしょう。

各専門学校の合格率の簡単な調べ方

専門学校の合格率を調べたいのなら、まずは公式ホームページを訪れてみましょう。100パーセント入学できるところならば、定員になり次第締め切ると書いてある場合が多いです。そして、人気の専門学校の場合は、合格率がきちんと記載されている可能性があるのでしっかりと目を通しましょう。

もしも、人気だと評判なのに数値がまったく書いていないのなら、専門学校に直接聞いてみることをおすすめします。それなりに難易度が高いのなら、準備が必要でしょうから、早めに問い合わせをしておきましょう。ちなみに、特待生制度という授業料が免除になるなど、メリットがあるシステムを用意してくれている専門学校もあります。

そのシステムを利用するとパーセンテージがグッと下がるので気をつけましょう。こちらの合格率も質問すれば教えてもらえるので、授業料などを優遇して欲しいのなら、ハッキリとさせたうえでチャレンジすることをおすすめします。

専門学校の国家試験の合格率も気にしよう

誰でも入れるのなら、どこの専門学校に通っても美容師になれると考えてしまうかもしれません。しかし、美容師になるためには国家試験が必須なので、その合格率が高いところを選ぶことをおすすめします。専門学校によって、国家試験対策が異なるので勉強に自信がないのなら浮かれるようにサポートしてくれるところを選択しましょう。

なお、公式ホームページに入学のほうのパーセンテージは記載していなくても、国家試験のほうは記載している専門学校が多いのでしっかりチェックすることをおすすめします。

 

美容師になるための専門学校は、どこでもよいと考えるのなら、ほぼ100パーセント入学できると思っても大丈夫です。ただし、人気のところの場合は、定員以上の希望者が集まる可能性があるため、合格率は100パーセントにはならないでしょう。しかし、希望すれば誰でも入れるようなところだとしても、素晴らしいカリキュラムや国家試験対策を用意してくれるところが多いので、きちん選べば立派な美容師になれます。

【東京】おすすめの美容専門学校情報一覧

イメージ1
2
3
4
5
学校名マリールイズ美容専門学校国際文化理容美容専門学校山野美容専門学校日本美容専門学校東京ウェディング&ブライダル専門学校
取得可能な資格美容師国家資格、メイクアップ技能検定など美容師国家資格、理容師国家資格など美容師国家資格、各種アイデザイナー技能検定など美容師国家資格、日本エステティック協会認定資格など美容師国家資格、ブライダルプランナー検定など
学費専門課程:217万8,000円(税込)(2年)※教材費込み未公表(資料請求が必要)専門課程:約286万円~298万円(2年)※教材費込み専門課程:約247万円~267万円(2年)※教材費込みウェディングプランナー科:約260万円~290万円(2年)※教材費込み
支援制度奨学金制度※延納も可 など奨学金制度、特待生制度、兄弟・姉妹支援制度 など奨学金制度、学費支援制度 など奨学金制度、カウンセリングルーム など奨学金制度、特待生制度 など
詳細リンク
サイト内検索
記事一覧