あこがれの美容業界で働くための近道!東京都内の人気美容専門学校をチェック!

美容専門学校にも奨学金制度はあるのか

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/12/17


美容専門学校は東京に数多く存在していますが、いざ通いたいと考えた時に経済的な問題で難しいという人もいます。しかし諦めるべきではなく、奨学金制度があるのか確かめてみるようにしましょう。利用するための条件や学校による違いも理解し、経済面での問題をクリアして美容専門学校に通うための準備をしていくことが大切です。

美容専門学校の奨学金制度について

日本学生支援機構の奨学金は国の制度であり、経済面で進学を悩んでいる人にとって最もポピュラーな資金調達の方法です。大学や短大はもちろんのこと、専門学校への進学をしたいと考えているすべての学生を対象としています。給付型と貸与型があり、それぞれ条件も有あるのできちんと確認しておき条件を満たしているかに注目しておく必要があります。

月額を選ぶことができますが、給付型以外は要返還となっておりもらえるわけではないので気をつけなくてはなりません。奨学金は返済期間が卒業してから9年から16年とかなり長く設定されているので、就職後に無理なく返済していくことができるのも特徴です。

申請時に学生本人と保護者が同じ地方自治体に住んでいる場合には、各地方自治体の奨学金制度を利用することも可能です。東京には数々の美容専門学校がありますが、奨学金制度に対応しているかは学校による違いもあるので事前に通いたい学校の情報を調べておきましょう。

奨学金制度を利用する流れや準備

公的な奨学金や給付金制度を利用するためにはあらゆる条件があり、満たしている必要があるのはもちろんのこと、手続きも必要で時間や手間がかかるケースも珍しくありません。早い段階から調べて準備を進めておくことがポイントであり、期限に間に合わないということがないように気をつけましょう。

進学する前年度に在籍している高等学校で予約申し込みをできますが、卒業した後でも2年以内なら出身高等学校を通して申請できる仕組みになっています。奨学金には第1種と第2種があり、第1種の場合は利子がないのが特徴で、2種は利子が発生します。

日本学生支援機構の奨学金制度には、予約採用と在学採用があることも頭においておくようにしましょう。予約採用は高等学校在学中に申し込むことになり、在学採用は入学後に申し込むタイプになっています。在学中に間に合わなかった人も、東京の美容専門学校に入学した後に申し込みができるので安心です。

奨学金以外の資金調達の方法について

何らかの理由から奨学金制度を利用できなかったり、それだけでは足りないという人もいるのではないでしょうか。その場合には教育ローンを利用し、資金の確保をするのもひとつの手段です。教育ローンと一口にいっても、国もあれば銀行や信販会社のものなど選択肢も豊富にあるので、よく比較して選ぶ必要があります。

国のものは、全額政府出資の政府系金融機関であり、公的な融資制度として低利子で利用できて、手続きが簡単などあらゆる魅力があります。国のローンの審査に通らなかった場合には、銀行や信販会社を利用することになりますが、一般的なものよりは優遇されるようになっています。

教育訓練給付金制度を利用するのもひとつの手段であり、初回なら連続か通算2年以上の就労経験者に対して、返還不要な給付金が支給されるものがあります。これは卒業した後1年以内に資格を取得したり、就職しなくてはならないなど条件があるので気をつけましょう。

 

東京で美容専門学校に入学しようと考えたときに、経済面で不安という場合は奨学金制度を利用してみるようにしましょう。申し込みのタイミングや準備など、細かな点までチェックしておき、進学したい学校で利用できるのかも確かめておくべきです。

サイト内検索
記事一覧